簿記資格取得方法

簿記の資格は4級から1級まで階級があります。

初歩的な簿記の知識を必要とする4級から、簿記のスペシャリストとして活躍できる1級などその時点でのスキルに応じて取得することができます。

日商簿記1級検定に合格すると、税理士試験の受験資格が与えられます。

仕事に簿記を生かしたいのであれば、3級以上を取得する必要があります。

簿記の資格を認定しているのは日本商工会議所が一番ポピュラーで、年に数回お住まいの商工会議所などで試験を受けることができます。

受験資格の縛りなどはありません。

簿記試験の内容ですが、4級と3級は商業簿記の範囲での筆記試験、2級からは商業簿記のほか工業簿記や原価計算、会計学が導入されます。

すべて筆記試験で、正答率が70%以上であることが求められます。

(1級の場合は1つの科目の正解率が40%以上であることも求められます)3級までの範囲であれば、高校での商業簿記の勉強でも資格を取得できます。

会計に関する知識があれば独学でも合格できる範囲であるといえます。

日商簿記検定の資格取得までの近道は通信講座などを受けることになります。

後は数多くの例題を解くことに尽きるようです。

特に仕分けや貸借対照表の作図などは必ず出題されますので、特に数多くの練習問題を解くことが求められます。

また手形の流れや小切手の仕分けなど専門的知識も求められますので、特に勉強が必要になります。

2級以上であれば、専門学校などで会計学などを深く学んで簿記検定に望まれるとよいでしょう。

税理士や会計士の資格取得に強い専門学校に入学されることをお勧めします。