男女雇用機会均等法とは?

男女雇用機会均等法が制定されてからずいぶん長い年月がたったからでしょうか、現在では「男女雇用機会均等法」は死語にもなりつつある言葉なのかもしれません。

しかし、つい30年ほど前まではビジネスにおいて女性が差別をされていて、能力があっても昇進できず、セクハラを受けたり退職を強要されても文句も言えなかった時代があったことはご存知ですか?

男女雇用機会均等法が制定されたことによって、雇用主は「女性だから」という理由で雇用しなかったり、昇進させなかったりする事はできなくなりました。

それだけではありません。

性別を理由にした配置や降格、福利厚生、教育や訓練、雇用形態の変更、退職を勧めたり解雇したりすることもNGです。

男女雇用機会均等法は女性にとっては能力を発揮する素晴らしいチャンスですが、良いことばかりではありません。

たとえば、「地方への転勤を命じられた。

独身だったら行ったけれど、家族と離れ離れになることを考えたら退職という道を選んだ。

」「出産と育児で休業している間に、同僚にアッサリと追いつかれて抜かされた。

悔しかった。

」「仕事と家庭の両方を完璧にこなすのは思っているよりもずっと大変。

パートナーの支えと助けがなければ無理。

」など、男女雇用機会均等法が制定されても、やっぱり家庭を持つ女性にとっては、男性と全く同じ条件で仕事をするというのはなかなか一筋縄にいかないのが実情なのかもしれません。

しかし、女性にもチャンスが与えられる男女雇用機会均等法は、歴史の中で日本が一歩成長した証なのかもしれません。