インデックス運用とは?

インデックス運用とはファンドの運用方式の一種です。

別名パッシブ運用とも言われています。

この運用方式では日経平均株価やトピックスの指数に連動した形で投資を行っていくことになります。

この運用方式の大きな特徴は市場の動向と密接に関わっているという点にあります。

ですから、顧客の側からすると日経平均株価やトピックスをチェックしていれば資産の運用動向を大まかながら確認することができるわけです。

また、市場全体の動向を予測し、活況が予想できそうな場合に活用すると利益を上げられる運用方法ともいえるでしょう。

これとは別に、市場の動向以上に高い利益を目指して運用するアクティブ運用という方式があります。

こちらはファンドマネージャーの相場観が大きなカギを握っており、成功すれば非常に高い利益が見込める反面、失敗すると損益が発生する可能性も出てくるリスキーな運用方式となっています。

それに対してインデックス運用はより安定した運用方式となります。

投資する商品の対象もファンドマネージャーの自己判断よりも、時価総額など市場の動向を反映した形で選択されることになります。

どちらが優れた運用方式かはなんともいえない面があります。

ただインデックス運用の方はローリスクで堅実な運用をしたい人に適した方法となるでしょう。

また、はじめてファンドをはじめる初心者にとってもわかりやすい分、インデックス運用の方が向いているのではないでしょうか。

ファンドに手を出す際には目的に合わせて自分に合った方を選ぶようにしましょう。