婚活支援状況

結婚を希望する独身男女が、何とかステキな人と出会って結婚することを目指してさまざまな活動をする婚活。

しかし長引く不況の影響や個人主義の浸透などのさまざまな理由から、未婚化や晩婚化が進んでいると言われています。

しかしとある調査結果などによると「いつかは結婚したい」と本気で考えているが、なかなか結婚したいと思える相手と出会う機会がないという独身男女が多いのだとか。

そんな人たちのために新たな出会いを演出し、結婚を後押ししようというのが婚活支援です。

婚活と聞くと、民間の結婚相談所や結婚情報サービス会社、結婚支援会社などを利用して異性を紹介してもらったり、積極的に合コンやお見合いパーティーなどに参加することを思い浮かべますよね。

でも最近はこうした民間の結婚支援会社などのほかに、自治体なども予算を組んで婚活支援に取り組んでいる状況が見られるようになってきます。

そうした公的機関の婚活支援状況を調べてみると、地元の民間婚活支援会社を助成したりNPO法人を活用して地域の特色を生かした婚活パーティーを開催したりなど、支援の内容はじつにさまざま。

地元で結婚してもらうことで、自治体への定住促進・人口増加を期待しているからなのでしょうね。

このように最近は婚活支援をしてくれる環境が、以前よりも整いつつあります。

出会いを求めて婚活に力を入れる人にとっては、喜ばしい状況だと言えそうですね。