ニキビはなぜ悪化するのか?

ニキビが悪化してしまう原因にはいろいろあります。

しかし、ニキビができる原因にはいろいろあっても直接的な原因は「毛穴のつまり」であることと同じように、ニキビが悪化してしまう原因も同じように「毛穴が詰まっている」ことが原因です。

ニキビができやすい方の多くは、ニキビが出来ないように毛穴ケアをしたり、古い角質を取り除くケアをしたりして気をつけている事も多いですよね。

それなのにニキビが悪化してしまう事もあります。

それは、「過剰なニキビケア」が肌を刺激してしまい、それによって肌の防衛反応によって皮脂分泌に拍車を掛けている事も多いようです。

古い角質は毎日そぎ落とす事は出来ません。

スクラブ洗顔などの多くは毎日の洗顔で使える洗顔剤として販売されている事も多いのですが、スクラブ洗顔は肌の集中ケアとして週に1回ぐらいで十分です。

毎日の洗顔でスクラブ洗顔剤を使う場合には、できるだけ優しく肌を刺激しないように気をつけながら洗顔するようにしてくださいね。

ニキビケアをしているのにニキビが悪化してしまう場合には、精神的なストレスや疲れなどが原因で皮脂分泌に拍車がかからなくなっている事も考えられます。

実際に、睡眠不足の時には顔が脂っぽくなったり酸化が進んで肌がくすんでしまいますよね。

つまり、ニキビの悪化を防ぐためには十分な睡眠時間を確保して疲れを溜めない事、ストレスフリーの生活をする事も大切です。

その他にも、脂分や糖分を控えた食生活を心がけるのもニキビの悪化を防ぐ効果があるようです。