ペットローン審査甘い銀行は?パート主婦や学生が審査通るコツ

ペットローンはパート主婦や学生でも借りれる?ペットローンでお金を借りる流れや注意点をご紹介します。

ショッピングサイトや銀行業務で知

ショッピングサイトや銀行業務で知られている楽天ですがペットローンと言うローンは取り扱いがありません。

楽天銀行には使い道が自由なカードローンがありますが他には目的型ローンとして、ブライダルローンや教育ローンといったローンがあります。

一般的に、銀行の目的型ローンは使途が限定されるだけで内容の規定はありませんが楽天銀行の場合はブライダルローンはブライダル専用(金利年7.0%)というように使い道についても限定されています。

楽天銀行のサイトには、自動車ローンもありますが自動車ローンは目的型ローンではなく楽天スーパーローンでの対応になります。

このように楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育以外のローンは通常のカードローンになりますのでペットローンというサービスにこだわる必要性はありません。

スルガ銀行は関東ではあまり馴染がないかもしれませんがネットバンキングでは全国展開しています。

銀行ではペットローンは多目的ローンで対応している場合が多いのですがスルガ銀行はペットローンを取り扱っている数少ない銀行です。

最高限度額800万円と高額にもかかわらず金利が2.5%から7.5%と非常に低金利なのがお分かり頂けるかと思います。

パソコンやスマホで申込が可能で全てがWeb完結するので来店不要です。

ペットローンの申込資格は年齢が20歳以上65歳未満、安定した収入が必要です。

ホームセンターのカインズホームでは生体の販売はあまり見かけないかもしれません。

しかし、北海道と東北地方を除き、関東地方を中心とした日本各地に「ペッツワン」というペットショップを展開しています。

ペッツワンで取り扱っている生体はカインズホームのサイトから閲覧することができ犬、猫、小動物、観賞魚といったカテゴリー別に検索も可能です。

中でも犬の販売に力を入れているようでトップページには新着の犬ちゃんがランダムに登場しますので「この子だ!」と運命を感じる犬に出逢えるかもしれません。

気に入った子が見つかったら、すぐに連れて帰りたいのが心情ですが手持ちがすくない…と言う場合にはペットローンを使うのも有効な方法です。

ペットショップで販売している動物は数十万円という高額なので現金で支払う人はあまりいないかと思います。

ペットショップも売れなければ商売になりませんから信販会社と提携してショッピングローンを組めるように対応している店舗が多いです。

ショッピングローンはペットの購入費を信販会社が立て替えることで購入者は信販会社へ利子を付けて分割で返済していくことになります。

クレジットカードで買い物をするのと同じ感覚かもしれませんがショッピングローンというローンは購入対象の商品だけのローンになります。

ペットショップで申込書に記入するペットローンもショッピングローンなので審査結果早いのですが、追加融資などは受けられません。

ペットローンを組みたいけれど年収が低くて審査に通るか不安とか自信がないなどローンを組む勇気が持てないという人も多いのではないでしょうか?ペットローンの申し込み条件として「安定かつ継続した収入があること」が挙げられていることが多く年収制限が設けられているのはイオン銀行の200万円だけです。

ペットローンでは収入があればアルバイトなどの非正規でも融資可能というローンが多く年収よりも、安定かつ継続していることの方が大切なようです。

当然、年収は多い方が有利に働くことは間違いありませんが勤続年数が長い方が審査は有利になるでしょう。

他にも、過去にローンの滞納がないか?自己破産歴がないか?など、返済状況や金融事故歴のほうが問題になるのは言うまでもありません。

ペットローンというローンはペットを購入するためのローンですが融資を受けるわけですから一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

そのため、ローン審査を受けて承認されない限り気に入った子を見つけてもペットローンを利用することはできません。

ペットローンに落ちたという話をよく耳にしますが審査に落ちた人は、その原因を解明しないと他のローン審査も通過できない可能性があります。

過去に自己破産や債務整理をしていたり遅延や滞納歴があったとかそういうことに覚えがあるという人は恐らく信用情報に問題があります。

その他にも、数社からカードローンを借りているとか申込時の情報に借入件数や金額を少な目に記載したなどの虚偽申告があった場合は問題外です。

ペットローンというローンを提供している銀行は意外と少なく大多数の銀行は目的別ローンで対応しています。

イオン銀行やスルガ銀行などにはペットローンがあり、信販会社が提供するペットローンよりも低金利で利用できます。

イオン銀行の場合は、融資可能額は30万円から700万円で、年利は3.8%から年8.8%、借入期間は1年から8年まで、繰り上げ返済手数料は無料となっています。

スルガ銀行の金利は年2.5%から7.5%で、借入金額は800万円まで、繰り上げ返済はいつでも無料、借入期間は最大10年となっています。

このように銀行のペットローンとても魅力的なのですがその分、審査が厳しくなっています。

ペットローンはペットの購入費等に使い道が限定されているローンですが当然、ローンの審査にクリアしなければ利用することはできません。

申請方法は郵送やインターネットがあり、ローンの申込書に記入し送付または送信し、手続きを進めます。

申請に必要なものとして、運転免許書等本人確認書類のほかに50万円を超える借り入れの場合は収入を証明する書類も必要になります。

他社からの借入金と今回の借入と合算して100万円を超えてえる場合や所得制限があるローンでも収入証明書類が必要になります。

ペットローンは使途が限られているローンなので使い道を確認できる領収書などの書類も必要となります。

ペットローンは銀行のローンが2社あり、その他の銀行や信販会社、消費者金融などは目的別ローンといった形で使い道を制限し金利を抑えた商品を提供しています。

金利は銀行のペットローンが一番低く、次いで信販会社、消費者金融となっていますが審査の厳しさは低金利なローンほど難易度があがると言われています。

また、同じ金融機関でも使い道が制限されないフリーローンもありますが、使途が限定された低金利にしたローンの方が審査は厳しいと言われています。

つまり銀行のペットローンはローンの中でも一番審査が厳しいことが予想されますから審査に通らないという人は、同行のカードローンに申し込んでみてはいかがでしょう。

銀行カードローンの審査基準は信販会社のペットローン同じくらいとも言われていますので双方の金利を比較して、金利が低いローンに申し込むのも良いと思います。

ペットだってケガや病気になる可能性は当然あるのですが人間のような医療保険制度が確立されてはいません。

ちょっとした病気でも全て実費なのでペット本体よりも治療費のほうが高額になることも珍しくありません。

ペット保険が普及しつつありますが、掛け金が高額なのに対し給付金が少額だったり給付条件が厳しい、請求手続きが複雑など実用的でない保険が多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは保険のお世話になる心配は少ないことからペット保険はまだ入る必要はないとと感じる人も少なくないと思います。

近頃は、転ばぬ先の杖として保険の加入を検討するよりも転んだ時の対策としてペットローンでまとまったお金を用立てるという人も多いようです。
Copyright (C) 2014 ペットローン審査甘い銀行は?パート主婦や学生が審査通るコツ All Rights Reserved.