ペットローン審査甘い銀行は?パート主婦や学生が審査通るコツ

ペットローンはパート主婦や学生でも借りれる?ペットローンでお金を借りる流れや注意点をご紹介します。

非正規雇用の人(アルバイトなど)がペットローンを

非正規雇用の人(アルバイトなど)がペットローンを組む場合には制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも「安定かつ継続した収入」が条件になりますので勤務期間は最低でも1年以上継続していることが望ましいです。

雇用形態や年収の条件についてですが、イオン銀行だと前年度の税込み年収が200万円以上という条件がついていますがスルガ銀行の場合は年収制限はついていませんので、アルバイトでも申し込めます。

信販会社ではオリコがペットローンに利用可能な多目的プランという商品がありますがこちらも満20歳以上で安定した収入があれば、アルバイトでもローンを組むことができます。

消費者金融だと、ペットローンというローンはないのですがプロミスでは目的ローンという低金利なローンで対応していますので、収入の1/3以内ならアルバイトでもOKです。

ショッピングサイトや銀行業務で知られている楽天ですがペットローンと言う商品は取り扱いがありません。

楽天銀行にはスーパーローンという使途が自由なカードローンがありますが他には目的型ローンとして、ブライダルローンなどがあります。

銀行の目的型ローンというのは使途が限定されるだけで内容に規定はないのが一般的なのですが楽天銀行の場合は使い道についても限定されています。

楽天銀行のサイトには、ブライダルやトラベルと同じ項目で自動車ローンもありますがこちらは目的型ローンではなく楽天スーパーローンとなります。

このように楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育以外のローンは通常のカードローンになりますのでペットローンにこだわらなくて大丈夫です。

オリコにはカードローンや目的別ローン、キャッシングなどがありますが中でもオリコのオートローンは業界のトップをシェアしていることでも有名です。

しかし、オリコではペットローンというローンは用意されておらず、旅行資金や歯の治療などに利用できる多目的プランを利用することになります。

ですから、ペットショップがオリコと提携していれば多目的ローンの申込書に記入することになりますがオリコの審査は非常にスピーディなので、その場で審査結果が出て契約することができます。

申し込める年齢は満20歳以上からで、金利は6.0%から13.2%、借入可能額は10万円から300万円までと高額で担保や保証人は不要です。

注意点として、オリコから借り入れるお金が50万円を超える場合やほかの金融機関との借入れの合計が100万円を超えてしまうと、所得証明書が必要になります。

ペットローンを利用してペットを飼いたいんだけど年収が低くて審査に通るか不安など最初の一歩が踏み出せないという人もいるのではないでしょうか?ペットローンの申し込み条件として「安定かつ継続した収入があること」が挙げられていることが多く年収制限が明示しているのはイオン銀行の200万円だけです。

ペットローンでは収入があればアルバイトなどの非正規でも融資可能というローンが多く年収よりも、安定かつ継続していることの方が大切なようです。

もちろん、年収は多いに越したことはありませんが勤続年数が長い方が審査は有利になるでしょう。

他にも、過去にローンの滞納がないか?自己破産歴がないか?など、返済状況や金融事故歴のほうが問題になります。

ペットローンという商品を扱っている金融機関はまだ少ないですが多目的ローンといった名称で対応している業者は多いです。

ローンを提供している金融機関には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、消費者金融には総量規制があるため無職の人は利用できません。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも借入可能ですが、ほとんどの金融機関で申込資格に「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされていることが多いです。

信販会社のショッピングローンについて説明するとペットローンの場合だと、ペットの料金を信販会社が立て替えて支払ってくれるというものです。

この場合、直接現金をやり取りするわけではありませんので審査のハードルは高くないように思われますがこちらも申込資格に「安定継続した収入」が条件として記載されていることが多いです。

スルガ銀行は関東ではあまり馴染がないかもしれませんが実店舗は5大都市圏に展開している沼津市指定金融機関です。

銀行だとペットを購入する際は多目的ローンで対応することが多いのですがスルガ銀行はペットローンを独立した商品として存在します。

スルガ銀行のペットローンは、最大融資額が800万円と高額にもかかわらず金利が2.5%から7.5%と非常に低金利なのがお分かり頂けるかと思います。

インターネットで全国どこからでも申込でき全てがWeb完結するので来店不要です。

ローンの申込条件として年齢が20歳以上65歳未満、安定・継続した収入があることが条件になっています。

住宅ローンを組む際に審査があるようにペットローンでも審査をクリアする必要があります。

ペットローンを提供している金融機関には銀行や信販会社があるのですが銀行のペットローンは、審査が厳しいと評判です。

銀行のペットローンはペットショップで組むローン(信販会社)よりも低金利で人気がありますが金利が低いほど審査が厳しいのが一般的です。

返済能力がある人であれば安心して貸すことができるので見返りとして低い金利で融資してあげますよという事なのです。

審査の難易度は、銀行のペットローンが一番難しくその次は信販会社のペットローンのようです。

ペットローンはペットの購入費等に使い道が限定されているローンですが一般のローンと同様に、審査を通らなければ融資を受けることはできません。

申請するには郵送やインターネットから選べ、ローン申込書に記入し提出(送付または送信)する必要があります。

申請に必要なものとして、本人確認書類のほかに収入証明書類の提出が求められる場合もあります。

すでに他社からの融資を受けていて、今回の借入と合算して100万円を越える場合や所得制限があるローンでも収入証明書類の提出が求められます。

ペットローンは使途が限られているローンなのでペットショップが発行する領収書などの提出も求められます。

ペットローンという商品名でローンを提供している銀行は少なく大抵は多目的ローンで対応しています。

ペットローンというローンを提供している銀行はイオン銀行やスルガ銀行などがあり、信販会社が提供するペットローンよりも低金利で利用できます。

イオン銀行だと年利3.8%から年8.8%で借入金額は30万円から700万円まで、返済期間は1年から8年までとなっています。

スルガ銀行の金利は年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、借入期間は最大10年となっています。

このように銀行のペットローンは低金利で限度額が高いのが魅力ですがそれだけ審査が厳しくなっているのは言うまでもありません。

ペットローンとはペットショップなどから動物を購入する際に購入資金を工面するために用意されたローンです。

比較的安価な柴犬でも20万円前後が相場ですしトイプードルやロングチワワだと、30万円前後の価格帯になります。

猫の場合は、スコティッシュフォールドは20万円から28万円が相場でブリティッシュショートヘアーは30万円前後が相場のようです。

更に血統書の有無やブリーダーによっても価格が大きく変わることがありますので犬や猫を飼うということは決して安い買い物ではありません。

ペット選びというのは、運命の出会いですからよそ様の家の子になってしまう前に、ペットローンを有効に活用しましょう。
Copyright (C) 2014 ペットローン審査甘い銀行は?パート主婦や学生が審査通るコツ All Rights Reserved.