保険の窓口騙されるという口コミは本当?紹介されるのは儲かる商品だけ?

保険料を削減したい!でも、相談に行く時間がないからどうしようとお悩みの方の悩みが解決できるかもしれないです。

保険の窓口のような保険無料相談サービスの中には、人生設計などの相談のやりとりをメールで行えるサービスもあります。

なので、1年中受付をしており、返信内容の確認も通勤中の電車の中や夜自宅に帰ってからなど空いた時間に確認返信ができます。

もし、書いてある内容がわからない、こちらが伝えたいことが十分に伝わっていないと感じたときには、電話相談もできるようになっているようです。

相談の必要性が低くなった時もメールで断れるので楽な気持ちで相談できそうです。

最近いろいろなところで目にする、耳にする保険の窓口のような保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

なぜ無料でできるのか、そのカラクリをご説明いたします。

その答えは、相談者から料金を取らず各保険会社からの契約手数料を収益という形で受け取っているからです。

つまり、相談サービスからすると、勧めた保険に相談者が加入してもらうことが重要になります。

そのため、お客様目線で対応してくれるサービスが多く「相談に行ったら勧誘がしつこそう」といったといった心配事はほぼ起きませんので安心して利用できますね。

保険の相談をする際、いろいろな方法が考えられます。

自宅や勤務先の近くでFPさんと会う人もいれば、テレビや雑誌で宣伝している通りにお店に足を運んだことがあるという人もいらっしゃるでしょう。

全国展開しているような会社なら駅前や地下街などといった、人通りが多く便利な場所にお店がある場合も多くあり、気楽な感じで入れそうです。

自宅にあげたり、知り合いがいるかもしれないようなお店でお金や生活の話をしたりするのが嫌なら、一度来店型で面談を考えてみても良いかもしれません。

様々なメディアでよく見る保険無料相談のCMですが、CMによっては利用方法がよくわからないこともあります。

なので、ここでは無料相談の利用方法について書きます。

一般的な流れとして、インターネット等で相談日の予約をし、希望の場所若しくは店舗で相談という流れになります。

FPとの面談では最初に、将来の希望や保険に関する疑問、加入中の保険の保障内容の確認をしますその後、聞き取りをした家族構成やライフプランなどから保険を提案します。

再度、ライフプランに対してどういった保障が合っているかを一緒に確認します。

近年、ペットの家族化を対象にしたビジネスが増えています。

例としては、「ペット保険」や「ペット供養」などです。

ペット保険とは、病気や怪我の治療で動物病院に行った際にかかった費用を保障する保険です。

日本全国、どこの動物病院でも入院給付金や手術給付金を受け取れるほか、ガン給付金や死亡給付金がついた保険も中にはあります。

ただ、1年ごとに行うワクチン接種は保険適用外になりますので若いペットには必要ないという方もいます。

ペット保険について気になる方は、保険の窓口のような保険無料相談サービスでも紹介していますのでとりあえず相談してみましょう。

参照:http://www.canadagoose-montreal.com/huanfaq/uso.html

保険のプロに無料で話を聞けるチャンスがあるなら、可能な限り無駄のない時間を過ごしたいところです。

見直しをお願いする際のポイントとしては、現状の保証と月々の支払額で問題はないのかどうか?加えてそれらが自分のライフスタイルに沿ったものかどうか?です。

面談までの準備として人生設計について多少考えておき、健康診断の結果などあれば用意しておきましょう。

そうすれば自分に合ったプランを提案してもらいやすくなります。

最終的にはどこと面談をするかも大切になってくるので、それについてもしっかり選びましょう。

マイルやポイントサイトで交換できるポイントが保険無料相談での利用で付与されるキャンペーンがあります。

付与されるポイントが大きいサービスはあまり有名ではないのが多く本当にポイントがもらえるか信頼しにくいですよね。

このキャンペーンの多くの場合では数回の面談を実施し、アンケートに回答するとポイント付与という流れが多いです。

そのため、最初の面談等で相談者に契約の見込みがないと判断されたらその後の面談をなかなかしてくれないなどプレゼント条件に満たない状態で放置される可能性があります。

そのため、ポイントが欲しいからという目的で申し込むのはやめましょう。

ネットで少し検索すれば、保険無料相談会社についてのクチコミが多くあることがわかります。

それだけたくさんの人が疑問や不安を持っていて、できればプロに話を聞いてみたいと思っているのでしょう。

また面談そのものについても関心が高いのだと思われます。

特に訪問タイプについて評判が知りたい人も多いかと思いますが、気にするべきところはFPさんの提案力や理解力、またこちらの希望に沿った提案をするつもりがあるかどうかです。

気になった会社があれば、どんなFPさんだったのかを詳しく調べてみると良いでしょう。

よく広告などで見る保険無料相談ですがどうやって収入を得ているのでしょうか?その答えは、相談者が紹介された保険に加入した際の手数料です。

このシステムは相談者にとっては、様々なメリットがあります。

例を挙げると相談者が加入した時に初めて収入が発生するということは、加入してくれなければFPはボランティア状態で赤字状態になるため、FPの方達は紹介する内容の熟知や紹介時の説明の質を高めています。

そのため、保険自体が相談者に合致していて、FP側も説明をよりわかりやすくしてくれるなど良い面ばかりです。

なので、現在契約している保険の確認だけでもOKなど強引な勧誘はありません。

皆さんも自分だけで考えずに気楽に相談してはどうでしょう。

ネットなどで少し調べるだけでも、保険相談を無料でしてくれる会社はすぐに見つかります。

その中で少しでも顧客を獲得しようと、キャンペーンをしているところもあります。

その中身はどういったものなのでしょうか。

多くが商品券やギフト券がもらえるといったものでした。

もらえる金額はどれほどのものになるかというと、2000円から7000円ほどといったところでしょうか。

大切な話なので数社に面談をお願いすることもあるでしょうし、このような会社を選ぶことによって面倒なことも嬉しいことに変わるかもしれません。

テレビのCMを見て保険無料相談を頼んだけれど、あまりこちらの要望を聞いてくれないいという話を聞きます。

では、有料の保険相談サービスを利用してみるのはどうでしょう。

有料相談の値段相場を調べてみたところ大体5000から20000円くらいと出てきました。

有料で相談を行うメリットとしては、料金が発生しているので強引に契約を狙うものではないことや実績のあるFP、優秀なFPが担当してくれることが多い。

そのため、お客様の立場で公平中立なアドバイスをしてくれることです。

また、有料相談を行なっている企業は、独自の認定基準を設定しています。

「相談に問題があった場合は、相談料を返す」という点も独自基準への自信の表れでしょうか。

できれば無料で済ませたいと言う人は、優良な担当者に当たるまで相談を行なってください。

お金のかからない保険相談を利用したとき、いるいらないの判断ははっきり言えば良いのですが、FPさんにとてもお世話になったり細かな資料を用意してもらったりすると、納得できなかった場合に困ることがあるかもしれません。

自分のお金、さらに人生に関わることなので、まず即決するというのはあり得ないことと思います。

断り方としては例えば、じっくり考えてからこちらから連絡します、とはっきり伝えること。

それでもしつこいようならその会社のサポートに連絡しましょう。

営業の人に提案されるがままに保険を契約してしまって実は、内容をちゃんと理解できていない方も多いと思います。

保険の窓口のような保険無料相談サービスを使ってみてはいかがでしょうか。

知識がなくても保険の専門家が今はどんな保険に入っているか、相談者のライフプランに合う保険ではなかった場合、希望に合った保険の紹介など相談に乗ってくれます。

また、使う可能性の低いオプションを外したり別の保険に切り替えることで保険料が減ることもあります。

また、FP紹介サービスの中にはサービス利用時に条件を満たすとお米や黒毛和牛肉をプレゼントするキャンペーンを行っていたりします。

一般的に良い評判よりも悪い評判の方が頭に残ってしまうことが多いと聞きます。

保障内容の見直しやライフプランに合わせて保険を提案してくれる保険の窓口のような保険無料相談サービスではそういった評判はどうなのでしょうか。

口コミを見てみると相談する前の心配事として「相談したら結局保険に加入させられそう」というイメージがあってなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

実際に相談してみると「納得行くまで説明を聞けてよかった」という人や言ってくれて安心できた、本当に相談だけでOKだったなど持っていた印象とは全く違うことがわかりました。

なので見直しをしようと考えている人は安心して相談してみてください。

保険を見直すときには店舗へ足を運んだりFPさんに訪問してもらったりと直接会うような形が多いかと思いますが、電話でのアドバイスが可能なところもあるとのことなんです。

どんなシステムかというと、まずはフリーダイヤルやネットで連絡が欲しい時間の予約をします。

その後にすることと言えばあとは連絡を待つだけ。

通話料もかからないとのこと。

これなら本当に良い提案のときだけ話を聞いていれば良いので、直接会うよりも気軽に試せると思う人も多いかもしれませんね。